toggle
〈クロスリズム〉 古いもの、うつわ、アートと手しごと

ABOUT

about

◉クロスリズムについて
2016年4月8日、花まつりの日に、古いもの・うつわ・アートと手しごとの店「クロスリズム」をオープンしました。

古物の日常使いのうつわを中心に、漆、ガラス、鉄、木工芸品、現代作家の作品、などなど扱います。

店名のクロスリズム【cross rhytm】とは、音楽において、パートごとに異なるリズムを同時に演奏することをいいます。
リズムやスタイルがずれて鳴りあい独特のグルーブが生まれるように、つくられた時代や地域の異なる多様なモノたちが響き合う場となることを願って、店名をクロスリズムとしました。

100年前、500年前、1000年前に、人の手でつくられた再現の叶わぬ古いもの。その魅力を発見する喜びに心寄せ、それらが私達の手による「今」にもたらす新鮮な感覚を、皆様と共にすることが出来ましたら幸いです。

店主 遠山。