toggle
〈クロスリズム〉 古いもの、うつわ、アートと手しごと
2018-10-10

『オリーブ』閲覧室 〜乙女カルチャーを振り返る

『オリーブ』閲覧室 ~乙女カルチャーを振り返る

2018年11月10日(土)・11日(日)・12日(月)の3日間、「『オリーブ』閲覧室 ~乙女カルチャーを振り返る」を開催します。
しちさんぶんこ(@chaicurry)さん蒐集の雑誌『オリーブ』(マガジンハウス刊)のバックナンバーを自由に閲覧しながら、コーヒー飲んだりお菓子を食べたり、ゲストの話に耳を傾けたり…。秋が深まり紅葉の色づく頃、『オリーブ』閲覧室で過ごしませんか?

◇日時:2018年11月10日(土)~12日(月)
A. 11:00~14:30  
B. 15:00~18:30

◇参加費:1500円 おやつ付き 
・参加費にはモアレさんの淹れたて珈琲と、雨林舎もしくは坂田焼菓子店のおいしいお菓子が含まれます。飲みものはラオスティも選べます

◇会場:クロスリズム(→アクセス

◇お申込:参加希望日、時間(AまたはB)、人数、名前、連絡先を添え、crossrhythmkyt@gmail.com もしくは 075-203-4830 までお申込みください。 
※11日(日)Bの回は満席となりました。その他の回は空席ございます

*各SNSメッセージからの申込みも可 
*電話申込みは営業日(土日月11:00-18:00)のみ対応 
*各回とも事前のお申込優先となります 
*空席/退席の状況により当日の参加も可能です*各回時間内で、お好きな時間だけ在席していただけます 
*展示の性質上、小学生未満の乳幼児をお連れのご参加は不可といたします。ごめんなさい…!

ミニトーク 11月11日(日)15時00分~「女子文化としての『オリーブ』の位置づけ−−消費・創造・フェミニズムの観点から」 
トークゲスト:村上潔(MURAKAMI Kiyoshi)arsvi.com/w/mk02.htm
1976年、横浜市生まれ。現代女性思想、運動史研究、フェミニスト・ジン・シーン研究など。立命館大学生存学研究センター客員研究員ほか。

同時開催「小林かいちと明治大正昭和の乙女なうつわ」 大正から昭和の初め頃に活躍した京都の叙情画家、小林かいち。ロマンティックなテーマと独特のメランコリックな表現が、今も見る者を魅了します。モダンなモチーフが配され、デザイン性に優れたその作品は、「京都のアールデコ」とも呼ばれていました。京極三条のさくら井屋を版元に販売された絵葉書や絵封筒などの木版作品の数々は、当時、若い女性の間でたいへんな人気を博しました。
『オリーブ』閲覧室の会期中、クロスリズム店内では『旅愁』『君待つ宵』などの小林かいち作品と、オールドノリタケをはじめ明治大正昭和の乙女なうつわを展示します。近代にはじまり、現代へと更新を重ねる乙女カルチャー(女子文化)の一端と、時代の洒落たうつわたちをどうぞお楽しみください。


関連記事